kazu*yuzu**karin***
Text Size :  A A A
  diary    Kodomo*album    Bbs    Link    Profile  
今年のGWは、パパも5連休でした。
後から考えると、遠出すればよかったかなぁとも思いますが・・・

karinが5月1、2日と体調を崩し高熱を出してしまい、その時点で
今年のGWはゆっくりのんびり過ごそうと決めました。

でも元気いっぱいのyuzuは退屈なので・・・
yuzu&パパ、karin&ママの2班に別れて行動することに・・・

GWの行動は↓↓こんなでした。
-------------------------------------------------------------------------
3日朝から、yuzu&パパ班はパパの実家へ行きお泊りでした。
karinの出産入院以外で私と離れて寝るのは初めてで、泣かないか不安でした。

翌日4日、朝からkarin&ママ班は電車でママの実家へ。
電車の中で、周りの人にニコニコと愛想を振りまくkarin。
もうすぐ下車という時に20代の双子の姉妹に「かわいい~」と言われ、
眉間にシワを寄せながら、にや~といい顔??

4日の夕方、ママの実家でyuzu&パパ班と合流。
yuzuに「泣かんとちゃんと寝れた?」ときくと「うん!」と得意げなお返事が。
「おふろはMちゃん(義妹)と入って、パパと寝たで」と言われ、
私の心配はまったく無用で、ママなし外泊デビューしたyuzu。
少し淋しい気もしましたが・・・これからラクできそうです(^^ゞ

5日の夜、私の実家で姉一家、弟がそろって夕食。
久しぶりに甥っ子たちと遊べて、ご機嫌なyuzu&karin。
やっぱ子ども同士っていいですね。

6日夜、パパは友達と遊びに行きました。
私達は遊びにきてくれたyukarinと鉄板焼きをしながら、ゆっくりと夕飯です。
久しぶりにyukarinに会うyuzuは、「絵本読んで~」とか「これで遊ぼ~」と
甘えてました。

7日はyuzu&パパが映画「名探偵コナン」をへ観に行きました。
yuzuの映画デビュー(^^)v
karin&ママはお家でゆっくりしてました。

-----------------------------------------------------------------------
GW明けの8(月)朝起きるとyuzuは大泣き(ToT)/~~~
理由は「パパがいないから」です。 よっぽど楽しかったのでしょうね。
その夜寝ると時も同じ理由で大泣き・・・

私はハッと思いました。
「yuzu、ママに抱っこしてほしいん?」
「パパがいたら抱っこしてくれるから、パパ~って泣くの?」と。

するとコクンとうなずくyuzu。 

karinはすでに寝ていたので、しばらくyuzuを抱っこすると、スーっと寝ました。
それ以来、yuzuのスネスネモードは解除されました。
悩みに悩み倒して、パパと大喧嘩するまで悩んだ私。
原因は単純でした。

「淋しいから・・・」の一言です。

yuzuなりにずーっとガマンしてきた気持ちをママがやっとわかってくれた。
と理解してくれたようです。
保育園生活が始まって1ヵ月。
託児所時代とは比べ物にならないくらい大忙しの毎日。

ゆっくりのんびりのGWが私に与えてくれたのは、
何も言わずに抱きしめてあげるという「子どもへの愛情」でした。

あんなに悩んでたのがうそのように、すっきりした気分で元気になりました。
ありがとうyuzu。
Img20060514091422
昨日TVで「奇跡の動物園“旭山動物園物語”」をみて感動した私。
人気がなかった日本最北の動物園が、飼育係のアイデアで月間入園者数日本一を
記録するまでに変身した、北海道旭川市の市営動物園の実話をもとにしたドラマでした。

ローランドゴリラやサルが寄生虫の体内繁殖で死亡し、途中閉園にまで追い込まれた。
きっかけは飼育係が書いた14枚の「理想の動物園のスケッチ」
その夢が市長に理解され予算がおりた。

「大きな鳥かごのようなオリのなかに放し飼いにした鳥を人間が入って入ってみる」
「昼間寝てばかりのヒョウをしたから見ることのできる上に突き出したオリ」
「水中を飛んでいるペンギンがみれるペンギン館」
「円柱の水槽を泳ぐアザラシ」

いずれも動物にストレスを感じさせず、人間も動物達のあるべき姿が見れる動物園。
動物が生き生きしている動物園を実現した飼育係兼獣医、園長、その他飼育係の
動物を基点にした工夫に感心しました。

パンダやコアラがいなくても身近な動物にこそ触れて命の大切さを知ってもらいたい
という旭山動物園。旭山動物園の命題は「生命を伝えること」です。
とHP (Click!) にも書かれています。

ドラマの中にでてきた「命ってあたたかいんだよ」っていう台詞が忘れられません。
上野動物園を抜いて入園者数日本1位になったの納得です。
いつか子ども達と絶対いきたいと思います。
保育園生活が始まって1ヵ月。

karinの体調不良やyuzuのスネスネモード、私のモヤモヤ・・・と
あまり調子がよくなかったけど、なんやかんやで1ヵ月経ちました。
GWのんびり過ごせたおかげで、調子悪かったものがクリアできて
気分も新たに日々、生活しているkazurin家です。

保育園生活が始まって、以前よりも忙しい私・・・。
その生活の中で、ちょこっとした準備で時間短縮を実践中。

例えば・・・
夕飯を前日夜に作って冷蔵or冷凍しておくんですが、
夕飯が決まっているので、翌日の朝は夕飯で使う食器をトレイにのせて
布巾をかけて置いておきます。
焼きそばや野菜炒めなどの日は、当日朝に野菜だけ切ってパックして
冷蔵庫に入れておきます。
そんなちょこっとした準備だけで、帰宅後の忙しい時間の短縮に役立ちます。
精神的な部分も大きいですが・・・
お腹空いて大泣きするkarinに1分でも早く食べさせることが出来ます(笑)

洗濯は朝晩の2回するようになりました。
保育園から持って帰る洗濯物が多いので、女3人でも1回じゃ無理!
夜、保育園お持ち帰り分とバスタオル、タオル類を洗濯して、朝たたんで、
その夜のお風呂で使うものをカゴに入れておきます。
朝起きてから、パジャマや枕カバーなどを洗濯して、出かける前に干していきます。

自転車も朝新聞を取りに行く時に、駐輪場から出して、子乗イスのカバーを外して
マンション内の通路の脇に自転車をスタンバイさせておきます。
このちょっとした準備だけで、出掛けの5分が短縮されます。

私は朝、夕一旦自宅に戻って、チャリにのって送り迎えしているので、
こうしたちょこっと準備ができます。
今まで、忙しいからあとで!って思ってきたこと、ちょっとだけ準備するだけで
あとがラクチン(^^♪です。
気持ちに余裕ができると、子ども達への接し方も変わるなぁ~と実感。
ちょこっと準備オススメです☆



一昨日夕方17時半頃、
保育園から「yuzuちゃんお熱でてます。今38.5℃です」と電話がありました。

帰ろうと思ってたところだったので、大慌てで帰宅し、病院へ。
その前の日、鼻詰まり咳と苦しそうだったのでヤバイかも・・・?と思ってた予感的中(*_*)
月曜からkarinがまたまた鼻たれになってきたので、耳鼻科に通いだしたので、
意識がkarinにばかり向いていたせいか・・・yuzuのこともみてるつもりがやられました(>_<)

一昨日の夜座薬で下げて、昨日朝は下がったので登園したのもつかの間・・・
9時過ぎにお迎えコール(泣)その時点では38℃だったのに、

「9時半で38.8℃に上がってガタガタ震えてます。」
「10時過ぎに39.9度でぐったりしてます。 できるだけ早くお迎えに来てあげて下さい」
と3回も電話があって、なんとか急ぎの仕事だけ済ませて11時頃にお迎えに行きました。

昨日は体操のお兄さんが来てみんなで体操をする楽しい日だったのに・・・
yuzuだけ事務所の簡易ベッドに寝ていました。
園長先生に「ご両親遠いから、サポーターいないのね。こんな時困るわね」
「お母さん、ちょっとのんびりしすぎやね」と言われなんかすごく怒られた気分で帰りました。
雨も降ってるし・・・で最悪(T_T)

帰りに小児科でみてもらうと「扁桃腺炎」でした。
「明日位まで高熱が続くよ」と言われてたので、高熱がでても慌てることなく対処しましたが
40度がしばらく続いてたので座薬を使うと、すっと引いて急に食欲がでました。
が、座薬が切れたらまたまた発熱。おまけに調子にのっておにぎりを食べすぎ、
今朝早朝、嘔吐・・・(ToT) でもその後ポカリをたくさん飲んで、スッキリしたのか、
汗がでてきて熱が少しさがりました。


確かに私の気持ちの中で、「少しくらい大丈夫だろう」って甘い考えはありました。
急ぎの仕事もあったし、でも・・・できるだけ早く行ったつもりでした。
実家が近かったら・・・と思うことも多々ありますが、1時間以上電車で来てもらう
つもりはないので、面接の時にいってるやん!ってキレそうになりました。
yuzuのこと心配して言ってくださってるのわかるので、その場では「すみません」
と謝って帰ってきましたが、孤軍奮闘してる私には一番つらい言葉でした。
しかし、入院とか大事に至ってからでは遅いんですよね。
園長先生のお言葉真摯に受け止め、子どもの熱甘く見るべからず・・・と反省です(*_*;



でも悪いことばかりではありませんでした。

昨日はkarinが19時過ぎから寝てくれたので、ツイてました。
今回だけはあまり接近してほしくなかった・・・今日はkarinのポリオ接種なんです。
うつったら大変です。
ポリオなので仕事も午後から半休予定でしたが、1日休みにします。
karinが熱出さないことだけを祈ってます。yuzuのかぜうつってませんように・・・(>_<)

昨日帰宅後、yuzuが寝てる間に買い物に出た際に、同じマンション同じ保育園の
Oさん夫妻に商店街でばったりあったのでyuzuの話をしました。
そしたら、夜にOママから「明日のポリオ、一緒に順番取りにいってあげるよ」とうれしい電話。
しかも最近「車を買ったばかりで練習中だから100%まかせて!っていえないけど、
一緒に乗ってく?」と言ってくれて、すごくうれしかったです。
うちの事情を知っているし、yuzuも調子悪いのを知って、気遣ってくれたOさん夫妻。
その気持ちがすごくありがたくて・・・園長先生に叱られたのもふっとんじゃいました(笑)

Oさんの気持ちをムダにしないためにも、
karinが無事ポリオ受けれますように・・・と祈るばかりです。

昨日はkarinのポリオ接種の日でした。

ご心配頂いたみなさん、ありがとうございました。
karin無事、ポリオ2回目接種完了!ですぅ☆


yuzuが大好きなkarinは、母の隔離作戦もむなしく・・・
「ねえね、ねえね♫」と接近しまくりでした。当日の熱だけが心配でしたが・・・
無事完了して、ほっとしてます。 
ただ鼻と咳が少しでているので、こじれないように要注意です。


水曜夜中から40℃の熱が2日続いていたyuzu。
昨日朝、39℃でお昼前に37℃台に下がったので、ポリオ接種の間、
以前通っていた託児所へ一時保育をお願いしようと予約。

久々にお友達に会えると張り切ってご飯食べて、お薬もちゃんと飲んだyuzu。
一緒にいくことになっていたOママとの集合時間前に託児所へ。
お友達もうれしそうに待ってくれていました。

が・・・

園で検温すると、10秒体温計で37.8度。 
「高めですね」とちがう体温計で測ったら・・・39℃!!
38.5℃以上は預かれない規則といわれ、泣きじゃくるyuzuを連れて帰りました。

結局、保健センターへ一緒につれて行きました。
帰りには、ぐったり・・・。  また40℃に上がりました。

あまりぐったりしているので、座薬を投与。
30分で効いて、復活。 ご飯もモリモリ食べました!
ちょっと元気になったら、karinと2人大暴れ(*_*)

「やめなさい~!!」という忠告も聞かず、走り回った挙句に、karinが大泣き(>_<)
yuzuが「karinちゃん、血出てる」と言いにきたので、慌てて見に行くと・・・
口の中から血が・・・
よくみると、上の歯が血まみれ(ToT) 上唇も少し切れててそこから出血してました。

私は洗濯を干していて現場をみていないのでyuzuに事情を聞くと、
「手をつなごうとしたら、前にこけた」と。
どうやら、手を振り払おうとして、前にこけて顔面直撃したみたいです・・・(ToT)/~~~

しばらく様子を見てたら、血も止まり、ホッとしましたが・・・
目が4つほしい!って心境です。
Mr.インクレディブルのママさんみたいに、手足がビョーンと伸びたらいいのに・・・
とか思う毎日です。

ま、yuzuも元気になったし、karinも大したことなかったしよかったです。


しかし・・・

座薬の切れる6時間後に、yuzuは、またまた39℃まで上昇。
薬を使って下げてもその場しのぎなので、もう座薬つかうの止めました。

結局、水・木・金と保育園も会社もお休みしました。
申し訳ないなぁ・・・と思いつつ、開き直ってます。

熱で辛そうなyuzuに
「お仕事よりyuzuの方が大事だからママも一緒にお家にいるね」と言うと、
にっこり笑顔で「うん」と頷き、体温計とにらめっこする私に「お熱下がった~?」と。

その時、私にしかこの子は守れないんだなと思いました。
もう誰にどう思われたって、何言われたって、そんなことどうでもいいや。
と思いました。

病気になると、うるさくてもいいから早く元気になってほしいと思いますね。
元気になって暴れると叱ってしまいますが・・・(^^ゞ







今、お昼休みです。
ここんとこ仕事がバタバタと忙しくてキーッとなってます。
忙しい時に限って、Macが固まって再起動中・・・

といっても、Mac初心者の私とお局Mac
ま、どっちもお局ですけどね・・・(苦笑)
今までWindows育ちの私が、5月からMacと格闘してます。
イラストレーター、フォトショップわかんないっす~(泣)

うちの部署に3台あるうちの初代のMac 遅いうえに少々難しい御方・・・
やさしくしないとすぐにご機嫌ナナメです。
子育てといっしょやなぁ~と思いながら、今日も一緒にお仕事してます。