kazu*yuzu**karin***
Text Size :  A A A
  diary    Kodomo*album    Bbs    Link    Profile  
以前からやりたかったHP作成。
諸事情があって・・・昨日から2週間、時間が作れそうなので思い切りました。
ともさん&ジュンちゃんオススメのプチホームページサービスでいざ、挑戦!
HTML?CSS??って感じの私。さて、どんなHPになるのやら・・・
ぼちぼちいこかぁ、なんとかなるさ!でがんばってみます
Img20060407025636
ポカポカ陽気と心地よい揺れで・・・
あらら、帽子がアイマスク?? 気付けば、karin寝ちゃってる。 
Img2a20060407025636
小人や動物たちがリズムを取って踊ってます。
それに釘付けのkarin。
Img3a20060407025636
白雪姫登場です♪
さすが、動物園。子ども達のこと考えてる!(親のことも?)
15分刻みに出てきてくれるって親切だわぁ。
Img20060407025224
妙に気になったこの看板。
モデルはカツオ君かしら?(笑)
Img2a20060407025224
ゴメンナサイ・・・ヒョウじゃありません。
こちら、ジャガー 生息地:メキシコ南部から南アメリカ
ヒョウも同じ【哺乳類 食肉目裂脚亜目 ネコ科】だけど・・・
アフリカ、アジア系に生息しているらしい。
ジャガーとヒョウ見分けつかないぞ!!
う~ん、何が違うのだろうか???
Img3a20060407025224
こちらウンピョウ。
見る人がみんな「ウンピョウ?」って口走ってた。モチロン私も(笑)
「ヒョウの仲間であるが、やや小型で四肢が短い。」らしい。
似たのがいっぱい、でも名前がちがう・・・。
それはそれで面白かった。
Img20060407024823
57才の春子さん。
Img2a20060407024823
お墨付きのスーパーアイドルです。素晴らしい♪
Img3a20060407024823
オラウータン(別名:森の人)、サブ君。

ホント人間みたいです。見れば見るほど魅かれちゃう。
今度はゆっくり見ていたいなぁ。
Img4a20060407024823
サブのスケジュール表、デカッ!
Img5a20060407024823
北極グマのゴーゴ。
今日おひろめ式でした。白くまってほんとかわいい。
Img20060407024006
天王寺公園は春のお花がいっぱい。
百獣の王ライオンもお花ならこわくないね。
Img2a20060407024006
広くてきれいな公園にみんなの顔がほころんじゃう。
走っても回ってもいいけど、こけないでね。
Img3a20060407024334
桜越しの通天閣。
なにわの春って感じでこれもありですな
Img20060409005214
保育園の門をくぐると、桜が満開♪
お天気も桜も「入園おめでとう!」と言ってくれてるみたい。
Img2a20060409005214
年長組の子ども達が「保育園の歌」を歌ってくれました。
 むすんでひらいての曲に合わせてと元気良く歌ってくれました。
♪門を入れば、ひ~ろい園庭アドベンチャーワールドあるんだよ~♪
楽しい保育園生活がまってるね。
 
Img20060412095123
今日でならし保育3日目。

yuzuもkarinも初日から泣くこともなく、全然平気。
2人とも託児所あがりなので、たくましい限り。

特に、karinのいる1才児クラス【ひかり組】は、大半が新入園児で大泣きの嵐。
その中で、ひとりおもちゃや絵本を物色して、ごきげんなkarin。
初日のお迎え時に先生に感心され、「明日は給食食べましょう!」
2日目は「明日は3時、イヤ、おやつも食べて4時でいいですよ。」
と順調そのもの(^^)v

yuzuのいる3才時クラス【にじ組】は、karinをつれての送り迎えで
その度にお友達がkarinに群がります(笑)
子どもって、ホント自分より小さい子が好きだなぁ。

【にじ組】にならし中のyuzuの面倒を見てくれる女の子が1人います。

「シールはここに貼るねんで。」とか
「タオルはここね」とか
「ハイ、バック」とか・・・
頼もしい小さな先輩です(笑)

シールというのは、上の写真の出席ブックに貼るシールのこと。
yuzuはこの出席ブックが大好き。カラフルでかわいい。
朝登園したら、すきなシールをペタンと1枚自分で貼れる。
それが楽しくでたまらない様子。


さて 明日から、私は午前中出勤の予定です。
今までよりも1時間早い登園になるので、娘たちもいつもより30分早く起きることに。

そのことをyuzuに伝えるのに、始めは・・・
「明日から早く行かなあかんから、早く起きて、早くご飯食べてね」と言ったら
怪訝な顔つきのyuzu(-"-)

で、笑顔で言い方を変えてみました。

母:「明日から、もっと早く保育園いけるよ。」
yuzu:「え~(にんまり)」
母:「早く行こうと思ったら、早く起きて、早くご飯食べようね☆」
yuzu:「うん♪」

言い方ひとつで心って動くものですね。
子どもも大人も一緒ですね。

さて、明日から久々に仕事です。 
Img20060415224532
4/14(金)夕方、yuzuのクラスの懇談会がありました。
初めてなので、ドキドキしながら保育ルームに入りました。

配られたレジュメには・・・

★自己紹介
★子どもの様子
★行事予定
★保育のしおり
★保護者運営委員選出

とありました。

ということで、レジュメにそって
まずは子どもの長所も入れて各自自己紹介でした。

まず担任のM先生から・・・
「にじくみさん(3才児)と同じ年の女の子のママです。
 園児が自分の子と同じような言動をするので、
 みんなの気持ちがよくわかります。
 1年間よろしくお願いします」と聞いてホッとしました。

次の“子どもの様子”でM先生の保育方針について話がありました。

*「3才児」は自我がつよく、ガマンもできるがストレスを溜めやすい時期
 ということを踏まえて・・・

①「お約束事」を少しずつ決めていきたい。
 例えば、「お話するよ」といったら、おめめを見る など

②ストレスをガマンさせず、見守りたい。
 ストレスがうまく発散できないので、おもちゃの貸し借りなどでけんかになる。
 けんかをとめるのじゃなくて、けんかになっても大事になる前にとめるので見守りたい。
 ガマンできずに“かみつき”や“小さなケガ”をしてしまうこともあるが・・・
 噛んだ子が悪いんじゃなくて、噛もうとしたのをとめられなかった先生が悪い
 と思ってくださいとの考えで、もし疑問に思うことがあればどんどん言ってください
 とおっしゃってくれました。

②「協力」の意識を取り入れる。
 先日大きなパズルを広げて、どうするか?皆の様子を見てみたそうです。
 始めはピースの取り合いだったけど、先生に手伝ってもらいながら完成。
 多少小さなケンカもあったけど、完成したら、やった~!と皆で大喜び♪
 数日後、また広げたら園児だけで完成させてしまったそうです。
 こんな感じで少しずつ「協力する」という意識を認識し、クラスをまとめて
 いきたいと話されていました。

その後、行事内容、保育のしおり(注意事項の補足)と終わり、
問題の【保護者運営委員選出】です。
ドキドキしましたが、立候補してくださった方が5人もいて、
今年は免れました(ホッ♪)
保護者会のメインはバザーなのでそれ以外はヒマとのことでしたが
入園早々は少し無理なので、立候補してくださったお母さん方に感謝です。

ということで、なんとかyuzuのクラス懇談会は終了。
来週karinのクラス懇談会です・・・。

時間のやりくりが大変ですが、先生の話や他のお母さんの話を聞けて
良かったと思います。
M先生の子どもに対する姿勢や考え方のは共感できるので信頼できる
M先生が担任になってくれてよかったと思いました。

この保育園に入れてよかったなぁと日々思います。
M先生は評判いいと聞いてましたが・・・実際に信頼できそうです。

楽しい保育園生活が送れるよう、先生とともに見守って行きたいです。
日曜早朝、おかしいなぁと思ったら、お熱をだしたyuzu。
1日おとなしくしてたら、大丈夫だろうと高をくくっていた私。

・・・やられました(T_T)

karinの声がかれてきて・・・お熱でました。

そしてyuzuは復活。

月曜朝、微熱のkarinと復活したyuzuを登園させて出勤。

10時半、会社に電話がありました。
「karinちゃん38.9度あります。何時にお迎え来れますか?」
と保育園からお迎えコール(>_<)

会社を午前中で早退して、karinを迎えにいって、かかりつけの病院へ
電話して、ギリギリ診察してもらいました。(ホッ)
かかりつけのI先生は保育園の委託医でもあります。
karinのクラスで最近、季節外れのインフルエンザが1人発症しているので
「もし、明日も38.5度以上続くなら、インフルの検査しましょう」といわれました。

そして、帰宅1時間後、やっと寝たkarin。

携帯を見るとメッセージが1件。「もしや・・・」
予感的中(>_<) 復活したはずのyuzuがまたまたお熱。
yuzuのお迎えコールでした。

karinが寝てる間に速攻でyuzuを迎えにいき、帰宅。
夜診が始まる時間をまって、karinを抱いてyuzuを連れて病院へ・・・

マンションの外に出て「さあ行きましょう!」と思った瞬間
「yuzuちゃん~」と呼ぶ声が??? 

だれだれ?

なんと、前の園のRくんが1人歩いてました。

「Rくん、お母さんは?」
「1人できた。yuzuちゃん、yuzuちゃん」とyuzuに会えたのがうれしくて・・・
お母さんとはぐれたのを気にしてないRくん(*_*;

「きっとRくんのお母さんは血相を変えて探してるに違いない!」
とRくんが乗り降りしているいつものバス停へ行きました。

すると、前からお母さんがきました。
「R!1人でいったらあかんやん!心配したんやから!! もう・・・」と抱きかかえてました。

Rくんが1人で歩いてきたことを説明して、お母さんの事情を聞くと、
「いないから、園へ戻ったので先生も探してる」と言うことだったので、
パニック状態のRくんのお母さんの代わりに私が園へ電話しました。

電話を切ったと同時に、偶然園長先生も来て、無事でよかったねで終わりましたが
ホントにドキドキしました。

ということでRくん事件も解決し、病院へいって薬をもらって帰宅。

「リンパ節が腫れてるからまだ熱でるかも?」とのI先生の予測通り、
夜中に38度まで上昇。翌朝には37.3℃まで下がりました。

karinは明け方汗がどっと出て平熱に下がったので、微熱のyuzuを説得して
無理矢理登園させました。(karinのクラス懇談会で午後半休取ってたので)

15時現在、無事に過ごしてるのかなぁ・・・心配ですが、
お迎えコールがまだないので、大丈夫でしょう。

今から、歯医者(私)へ行って、17時15分から懇談会とバタバタです。
早く元気になって欲しいと願うばかりです。
18日(火)夕方、karinのクラス“ひかりぐみ”のクラス懇談会でした。

担任の先生はK先生、H先生、M先生、T先生の4人の先生方。
K先生は2年前まで、乳児センター(0~2歳のみ)に勤務されていたベテラン先生。
H先生は今年短大新卒された新米先生。
M先生は乳児センター、子ども園(発達がゆっくりな子の園)と勤務され、今の園へ
異動された超ベテラン先生でH先生と同じ年のお子さんがいます。
T先生は新婚さんで、9月に出産予定のマタニティ先生です。

yuzuのクラス懇談会と流れは殆ど同じでしたが、
行事内容が乳児クラスと(0・1・2歳)、幼児クラス(3・4・5歳)では少し違います。

乳児クラスは内科検診が毎月あります。
幼児クラスは内科検診は年1回ですが、歯科・眼科・ぎょう虫・尿検査があります。
運動会は全体でありますが、生活発表会は幼児クラスのみで、
乳児クラスはそれにかわる「おいでおいであ~そぼ」という催しがあります。

ひかりぐみは「子ども達が毎日笑顔で楽しく過ごせるように」いうことに心がけ、
と園児と楽しく保育園生活を過ごしたいとK先生がおっしゃっていました。
にじぐみ(yuzuのクラス)のM先生と同じく、けんかや多少のけがはできるだけ
なくしたい。でも成長の証として捉えて欲しい。
もし、不審な点があれば、いつでも何でも言って欲しい。とおっしゃっていました。

K先生のお話で一番耳に残ったのは・・・
「大人が楽しくないと子どもも楽しくない」というお言葉でした。

ホントにその通りだと思います。
そういえば・・・絵本でも自分が読んで面白い絵本なら何回でも読めますが、
あまり好きじゃないと思う本は、読まないなぁと思いました。

最近、体調が本調子でないkarinに手がかかるのでyuzuにガマンさせてることが多い私。
yuzuがガマンして、その反動でワガママ言っているのはわかっているのですが、
気持ちがセーブできずに、ついつい手が出たりします。

先日「おこりんぼママ」という本を園で読んでもらって、その話を私にしたのがサインでした。

「ペンギンのお母さんがな、怒るから、ペンギンの子どもが悲しくなって、
体がバラバラになるねん。」
「yuzuちゃんもママに怒られたら、体がバラバラになる。いやや。」と言ったのです。

ハッとしました。そんなに悲しい思いさせてと自己嫌悪に陥りました。
正直どうしたら・・・と思いましたが、K先生の言葉を思い出しました。
「大人が楽しくないと子どもも楽しくない」
「ママが忙しいとイライラするから、子どもにも伝染するんだ」と。
忙しくても笑顔忘れたらダメですね。
今週に入り、熱が出たり引いたりのkarin。
今日は保育園をお休みました。yuzuには行ってる事にして・・・
私も少し、休憩して笑顔でyuzuのお迎えに行きたいと思います。
ご心配頂いております、karinの病状ですが・・・

昨夜また39℃が続き、座薬いれるも38.5℃までしか下がらず・・・
今日も保育園&仕事をお休みしました。

食べるの命!のkarinが昨日から食欲がなく、ヨーグルトやアイスクリームしか
受け付けず・・・嫌な予感はしてました。

今朝もヨーグルトのみでお薬でした。

が・・・その後!

2日出てなかった便がでました。 と同時に大泣きです!!!

この泣き方は!もしや!!!

やっぱりそうでした。 お腹空いたの大泣き(T_T)/~~~
白いごはんをお茶碗1杯ペロリと完食(^^♪
ようやく食欲がでてきて、熱が下がってきました。

念のため、病院へ行き胸のレントゲンを撮りました。
やはり軽い気管支炎を起こしてました。
このまま熱が引けば、回復するとのことで吸入して帰りました。

用心するに越したことはないと思い、その足で耳鼻科へも寄って帰りました。
karinは鼻水がひどくなると中耳炎になるので、早めの対応です。

耳鼻科の先生には、案の定「ひょっとしたら耳にくるかもね~。」と言われましたが、
鼻水が透明の水バナ(汚い話でゴメンナサイ)だから、「まだ大丈夫だね。」
と言ってくれて少しホッとしました。

今の所、熱も引いて寝ています。
このまま治ってくれるといいんだけど・・・。

明日は土曜日だけど、私は出勤。
パパに休みを取ってもらっています。

少し心配だけど・・・なるようになるさ(^^ゞと開き直ってます。

--------------------------------------------------------------------
昨日karinが寝てる間に16時過ぎにお迎えにいったらお砂場で遊んでいたyuzu。
「もう帰るの??」と言う顔で見られてちょっと淋しかった私・・・。
今日は夕飯の用意をしてから、18時前位にいこうかな??(*_*)

朝夕、お友達に「あ、yuzuちゃん」と名前を覚えてもらえるようになりました。
今朝、名前を呼んでくれて子のお母さんが・・・
「yuzuちゃん?、あ~昨日お風呂の時に話してた子ね」と言ってくれて
なんだかyuzuも私もうれしかったです。
yuzuからもたくさんのお友達の名前聞けるといいなぁ。

最近体調を崩しているkarinに手がかかり、
yuzuをあまりかまってあげられない日が続いています。

「おこりんぼママ」の話でサインに気付いていたものの
yuzuの淋しい気持ちはまだ満たされてない様でした。

金曜日お迎えにいったら、M先生に・・・
「yuzuちゃん、今日お昼寝の後、ママ~おかあさん~って
めずらしく泣いたんです。」と言われました。

・・・まだ続いてるんだと思いつつ、M先生に「おこりんぼママ」の話をしました。

「妹が病気だからガマンしないと!と思う気持ちと、甘えたい気持ちが
 葛藤して自分でどうも処理できないんだと思います。」と伝えました。
M先生は「え~!すごい!!絵本に例えて、そんな話できるんですね」と驚いた後、
「なるほどね~。お母さんも辛いところですね」といい、「園でもケアしますね。」と
おっしゃってくれました。

その前夜も先にkarinを寝かせてから、yuzuと遊んで寝ようと思っていたのに
気付けば、karinと寝てしまっていた私・・・。

慌ててリビングに戻るとyuzuはコタツで寝てしまっていました。
起こして、トイレに連れていきました。
眠さとママがこないというスネモードで超不機嫌・・・
挙句の果てに、洋式便器にはまり大泣き。
なんとかなだめてベッドに連れて行き、だっこしてあげたらス~っと寝ました。

昨日はパパが出勤の私に代わり、1日2人を見てくれると伝えたら
パパにくっついて離れず。。小さな反抗が続いてます。

帰宅後、パパにきくと
私が帰るまでの間、karinは午前・午後と寝てばかりだったので、
yuzuの相手ができたけど、小さなことで3回くらい泣いたそうです。

karinの熱が引くとともに、yuzuのスネモードも消失してくれればいいのですが・・・
今日はパパに頼んで、ちょっとだけyuzuと絵本買いにいこうかなぁ・・・
さて、今日のyuzu姫のご機嫌はいかがかしら・・・???
気管支炎で体調を崩していたkarinもやっと調子を戻し、
今週はなんとか乗り切りました(ふ~^^;)
ならしや病気で今月まともに出勤したのなんと6日です。半休が4日。
4/15に今年度分の有休が増えたので、かなり助かりましたが・・・。
ホントにゴメンナサ~イって感じです。

さてさて、タイトルの「天使と悪魔?」
それは“魔の2歳”に続き、“魔の3歳”真っ只中のyuzuさんのことです。

karinの体調が戻るとともにyuzuのスネスネ解消しましたが・・・
最近、朝起きるのをすっごく嫌がるようになりました。
昨日なんて、「眠たい眠たい」(>_<)とベッドで格闘し、なんとか起こして
お着替えをと思ったら、またまたイヤイヤモード(>_<)
20分格闘した挙句・・・<幼児虐待?って思うほど怒りましたが(-"-)>

最終的に、パジャマで登園しました。(泣)

昨日は朝、雨だったのでパジャマの上に、ジャンバー&レインコートで
外観的にはわかりませんでしたが、保育園にいって先生も苦笑・・・。
いつもより遅くなったので、朝当番の先生が気遣ってくれました。
「お母さん、あとはyuzuちゃんと一緒に私がやっときますので。」と。
助かりました。でも叱られるyuzuを見ていたせいか?
そのあとkarinも機嫌が悪く大泣き。
なんとか受け渡して、出勤しました。

あ゛~!朝のゴネまくるyuzuは悪魔だ!と思いながらチャリ飛ばして帰宅。
自分の用意をして、気持ちも切り替えて、いざ出勤!
ま、遅刻は免れたので良かったのですが、いつまで続くんだろ・・・・トホホ(ToT)

でも、朝の登園時のチャリに乗ると3人で歌を歌いながら、(一応karinも何か言ってます)
「今日もガンバロウ!オー!!」と機嫌がなおります。
夕方、お迎えのチャリでは「今日は粘土したよ。yuzuちゃんなぁ・・・・」と
園で楽しかったことやお友達のことを楽しげに話します。
お風呂や寝る前も園のこと、言われてイヤだったことなど、延々話してくれます。
最近、以前よりもさらに絵本が好きになって、寝る前は必ず絵本を読んでとねだります。
夜の忙しい時間はkarinの相手もしてくれて、ホント天使に見えます。

何でだろう?何がいけないの?私が悪い??といろいろ悩んでいましたが、
答えがみつからないので、「今はこんな時期なんだ」と開き直ることにしました。
朝は誰だって眠いし、ママの仕事の都合で早く起こされてるわけだし・・・
夜も早く寝たいけど、ママは家事でバタバタ。絵本も後回し・・・。
yuzuなりにガマンしてるんだし、ちょっとぐらいのワガママ(イヤ、かなりですが・・・)
全身で受け止めてやろうじゃん!って開き直ったら気持ちがラクになりました。

いつまでも悩んでてもしかたないし、悩みすぎるとその矛先がyuzuにむくし
とB型な私は完全に開き直りました!
来月で4歳なのに・・・(ToT) 4歳になったとたん落ち着くかしら?
楽天的すぎるかな???

何か良いアドバイスあれば、お願いします☆